FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.06.17 (Wed)

世界初の犬の見本市

パリ市内の見本市会場、ポルトドヴェルサイユにて、犬の国際見本市「Salon international du chien」が、6/13-14に開かれたそうです。

ここでは1万人(いいえ失礼、1万犬)の犬のショーが行われるそうです。
ブラッシングしたり、身だしなみを整えられた犬の中から、「フランスで最も美しい犬(チャンピョン)」を選ぶのだとか。

犬の見本市

この世界初の犬の見本市、今年2009年の大成功により、来年も開催予定だそうです。

参照元salon internatinal du chien


Succès de la première édition du Salon International du Chien
Le rideau est tombé hier soir sur la première édition du Salon International du Chien.
Une première édition placée sous le signe du succès puisque ce sont près de 15 000 personnes qui sont venues admirer le défilé des 10 000 chiens présents sur le salon.

スポンサーサイト



タグ : 犬のショー 犬の国際見本市

23:19  |  フランス社会  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.05.06 (Wed)

パリでいちばんアフリカンな界隈

パリでいちばんコスモポリタンで、特にアフリカ系の住民やお店がおおく、通称「アフリカ人街」といわれているのが、シャトールージュ(Chateau Rouge)。
パリ18区の東側です。
18区は西側は実はかなり高級重油宅地となりつつあり、それこそ「アメリ」の映画の舞台になったモンマルトルなど。
モンマルトルは今やパリの中心地よりよっぽど地価が高い、超スノッブなエリアになっています。

それに比べて・・・。
このシャトールージュとは、昔からパリで「危ない地域、汚い地域」とあまり人気のない、移民のためのエリアだったのですが、パリの北地域の再開発の波もあり、近年急速に再開発が進み、人気が出始めているエリアです。

まず地下鉄4番線シャトールー駅をおりて、更にちょっとだけ北上した道、Doudeauville。
この道なんてアフリカそのもの。
エギゾティックな野菜から、新鮮な魚、CHANNELと書かれたベルトなど、ありとあらゆるものが道端で売られていますよー。

また美味しいアフリカ料理、手ごろなお値段のレストランが多いのが、駅kぁら、ちょっとだけ左手に。
Ramey通りのあたり。
肉料理で有名なMargueriteなど。
パリの中心からちょっと離れてアフリカンな空気を吸いにきてはいかがでしょう?

シャトールージュ

参照元
sortir a paris


1) Continuer un peu sur le boulevard Barbès puis tourner à droite rue Doudeauville, vous découvrirez alors une ambiance chaude venu d'Afrique! Vous trouverez des lieux comme le Lavoir Moderne ou l'Olympic Café, où souvent se produisent des artistes reggae ou ska dans une salle avec piste, et où une clientèle de toute classes sociales et arc-en-ciel se mèle. Ne manquez pas le passage des "toubab all-star" qui est en ce lieu un groupe far. Et ici pour payer l'entrée c'est facile: vous donnez ce que vous voulez.

タグ : コスモポリタン パリ アフリカ 18区

19:51  |  フランス社会  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.04.19 (Sun)

パリでアパルトマンを買うなら・・・

昨今の金融危機で世界的に地下がさがっていますね。
パリももちろん地価が多少下落していますが、ロンドンなどに比べればその下がり方は低く
「案外もちこたえている」
というのが一般的なフランス人の感触だとか。
(ここ3ヶ月の)下落率は区によってことなりますが、少ないエリアで2-3%大きいところで8%弱ですから、確かに世界の主要都市のなかではそれほど土地の下落が起こらなかった街ではないでしょうか?

さてさてそんなパリの不動産価格を知るのに良いサイトを見つけました。

参照元MeilleursAgents
パリの地価

赤いところが最も地下がたかく、緑のところが比較的安いところ。
下落率は最近開発が進み地価が急騰していた18-20区で比較的高く(7%程度)、2.8%と最も低いのが安定的な人気のあるサンジェルマン地区を抱える左岸の高級地6区です。

もし「パリでアパルトマンを買うなら~」という夢(妄想?)を描いたりして、楽しめるサイトだと思います!

タグ : パリでアパルトマンを買うなら 地価 パリ

17:44  |  フランス社会  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.02.20 (Fri)

KENZOのパリのアパートが売却

あの日本が誇るケンゾー。
KENZOは日本以上にフランスで大人気、まさにパリで大成功したクチュリエですが、彼のパリの豪邸が売りにだされたそうです。
場所はバスティーユから徒歩ですぐ、その広さ2,000㎡
その売却価格は、もともとの見積もり価格1200万ユーロ(14-15億ほど)からそれほどひどくはさがらなかったようですが・・・。

kenzo maison

下げ幅はロンドンやNY、マイアミなどとに比べると小幅ですが、世界金融危機のせいでここ数年バブルだったパリの不動産も下がり気味です。
特に左岸はこんなご時世でもあまり価格がさがっていないようですが、ここのところ再開発で湧き、急激に値段が高騰していた右岸はやはり結構おちてきているそうです。

また変化がみられるのは値段だけでなく、不動産を売る人と買う人の層の変化だそう。
以前こぞって南フランス(特にコートダジュール沿岸部)やパリにアパルトマンを買っていたリッチな外国人(イギリス人、アメリカ人、日本人)に代わって、最近そうしたラグジュアリーな物件を買っているのは、伝統的なフランスやイタリアの上流階級。
いわば「古いヨーロッパ」だそう、いわば買い戻しがおこっているわけです。

また一方見る角度を変えて。
ユーロが対円に対して下落しているので見落としがちですが、実はイギリスポンドはユーロに対してもひどく価値をさがています。
この為替の変化と金融危機によるそもそものロンドンの地価の下落をあわせると、フランス人にとってロンドンの物件はこの1年で半額になったそう!
ということで今度は裕福なフランス人ヤスペイン人、イタリア人がこうして半額になったロンドンの物件を買う動きもでてきているそうです。
不動産からみる世界金融危機も、とても興味深いものがあります!
*ちなみに先のケンゾーの豪華アパルトマンを購入したのは、ショービズ関係のフランス人だそうです。

引用 Le Monde.fr

Signe des temps : c'est une personnalité française du "show-biz" qui vient de devenir propriétaire, par l'intermédiaire de l'agence Emile Garcin, d'un magnifique loft de 2 000 mètres carrés, situé dans le quartier Bastille, mis en vente par le couturier Kenzo au prix pas vraiment dégriffé de 12 millions d'euros. La rive gauche et les quartiers historiques font encore rêver et les prix y baissent peu, mais "la rive droite souffre", selon les mots de l'agence Emile Garcin. Les appartements de "moyenne gamme" - entre 500 000 et 1 million d'euros -, généralement familiaux, s'y négocient laborieusement et 20 % moins cher qu'en 2008.

22:22  |  フランス社会  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |