FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.04.22 (Wed)

Foire de Paris (パリフェア)

毎年パリで開催されるFoire de Paris、今年は4/30-5/10に開催されているそうです。

フォワールドパリ」はいわば、パリフェア
フランスを中心にしたヨーロッパ、フレンチポリネシアやクレオール(西インド洋諸島)のインテリア製品、化粧道具、アクセサリー、電化製品、食料品、家庭用品等々なんでもありの物産展です。

例えばこんな素敵なインテリアあり。
テーブルウェア

最先端のアクセサリーあり。
アクセサリー

フランス領西インド諸島やニューカレドニアなどの、自然の恵みノエギゾティックなグッズや食べ物などもあり。
エギゾティック

場所は展覧会場のポルト・ド・ヴェルサイユ。
一度はいってみたいですよね。

参照元Foire de Paris

スポンサーサイト



タグ : フォワールドパリ Foire de Paris パリフェア

21:43  |  フランス観光  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.04.04 (Sat)

オテル・パルティキュリエ

フランスでもHotelホテルのことを指すのですが、Hotel Particulier(オテル・パルティキュリエ)という建物も存在します。
これは直訳すれば「個人の館」という意味になります。
小規模な家族経営のホテルをやっているところもあれば、ちょっとした展示会を行うスペースになっているところ、そのオーナーの瀟洒な社交サロンになっているところ、美術館になっているところなど様ざまです。
もともとオテル・パルティキュリエは、旧貴族の館の建物なので、歴史的に素晴らしい建築物であることが多いです。

例えば↓の写真はマレ地区にあるHôtel Salé(オテルサレ)。
オテルサレ
17世紀中頃に建造物で、現在は美術館です。

また↓の写真はLa Cour du Marais。
もともとは17世紀の建物ですが改築なども加えて、現代的な雰囲気とのミックスが素敵です。
ここでは様ざまなサロンなどの催し物が開催されています。
クールドマレ

Hotel Particulierは歴史の古いパリの街、特にマレ地区やカルチエラタンに多く見られます。
パリ散歩の最中、中に入れる機会が合ったらぜひ立ち寄りたいものです。

参照元Sortir a Paris


Au cœur du Paris historique (IVe), cet hôtel particulier réussit le mélange d’un cadre XVIIe siècle et d’une atmosphère contemporaine. Pièce maîtresse du lieu, une jolie cour pavée qui peut être couverte ou à ciel ouvert. Aménagée dans un hôtel particulier du XVIIe siècle situé rue des Archives à Paris, la Cour du Marais offre 450 m2 répartis sur 3 niveaux.

タグ : Hotel Particulier オテル・パルティキュリエ サロン スペース 美術館 ホテル

21:50  |  フランス観光  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.17 (Sat)

パリ万博の遺産を大公開中

19世紀後半から20世紀初頭、パリでは何度も万国博覧会を開催し、それが今日のフランス文化・芸術都市のステータスを築く大きなきっかけになったといわれています。

元々そのちょっと前にライバル国がイギリスが万博を数多く主催したということもあり、それにつづきフランスも負けじ!?とがんばったわけです。
その数、1855、1867、1878、1889、1900、1925、1931、1937年。
わずか80年のうちになんと計8回!

なかでもエッフェル塔を建てた1900年万博と、装飾芸術「アールデコ」が認知されるきっかけをつくった1925年万博が、最もパリ万博を代表するものでしょう。
万博をきっかけに、都市整備を行うという考えはまさにこの頃に生まれたものです。
実際現在のパリの多くの建造物は万博のために作られました。
例えばグランパレ、プチパレ、アレクサンドル3世橋、シャイヨー宮、パレ・ド・トーキョー、これらは万博がなければ生まれていなかったのです!

その万博、当時の写真200点以上、記録映画、パビリオンの復元が今、パリで展示公開されています。
2009/3/12までLa Conciergerie : 2 bd du Palais 1区にて。

引用Centre des monuments nationaux
Paris et ses expositions universelles, architectures, 1855-1937

Bien qu'éphémères, les expositions universelles successives ont profondément tranformé le paysage parisien et son développement urbanistique. Elles ont légué des monuments qui font aujourd'hui la fierté des parisiens et la spécificité de la capitale : la Tour Eiffel, le Grand et le Petit Palais, le Pont Alexandre III, les palais de Chaillot et de Tokyo.


パリ万博

タグ : 万国博覧会 パリ グランパレ

10:07  |  フランス観光  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.09 (Fri)

フィリップ・スタルクがデザインしたパリのホテル

パリの街は20区に分類され、それぞれの特徴があることで有名です。
パリ20区パリの中心部からはちょっとはなれますし、従来は「労働者の住居地域」として、モードとかおしゃれとは縁遠かったブルーカラーの街です。
パリの低い社会階層から一躍スターとなった、エディットピアフがこの界隈の出身であることでも知られているくらいでした。

しかし、そのパリ20区
近年ではそのコスモポリタンな魅力(移民が多いエリアであるため)が再評価され、急速に開発が進み、お洒落なホテルやレストランが次々と建てられ、観光地としてもスポットを浴びるようになりました。
例えば最近オープンして話題を呼んだホテルがこちら「Mama Shelter Hôtel」です。
モダンなデザイン、高級なリネン、グラフィックを駆使したインテリアが特徴のデザインホテル
こちらのホテル、内装はフランスの有名な内装デザイナーPhilippe Starckフィリップ・スタルク)が手がけています。

引用Sortir Paris

Hotel Mama Shelter a ouvert ses portes le 5 septembre au 109 de la rue de Bagnolet, Paris 20 ème. Sortiraparis vous ofrre avant tout le monde, la visite de cet hôtel 3 *** designé par Philippe Starck.

お値段も下のシングルベットルームが79EURからと、パリの3つ星ホテルとしてはとてもリーズナブル!
パリホテル
グラフィックホテル


スタルクは、故ミッテラン大統領に抜擢され、エリゼ宮のプライベートスペース内装を手がけたことで一躍有名になり、香港「ペニンシュラホテル」、ロサンジェルス「モンドリアンホテル」など、多くの有名ホテルの内装デザインを手がけて話題を呼んでいる人物です。

中心部から離れたコスモポリタンな20区でこんなデザインホテルに滞在すれば、また違ったパリの素顔を発見できそうです!

タグ : Philippe Starck フィリップ・スタルク パリ 20区 デザイン ホテル

16:35  |  フランス観光  |  トラックバック(1)  |  コメント(3)
 | HOME |