FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.02.27 (Fri)

フランスで最も稼いでいる役者

フランスで2008年、最も稼いでいる俳優&女優が発表されました。
まず堂々の第一位は、Dany Boon (ダニー・ブーン)!
「Bienvenue chez les Ch'tis」と言う日本では未公開の、しかしフランスでは空前の大ヒット(42年ぶりに、フランス映画の観客動員数の記録を塗りかえました)を飛ばしたフレンチコメディで一躍時の人に。
dany boom

続いてはフランスの超大物俳優ジェラール・ドパルデュー。ドパルデューは自らプロデュース業なども手がけていますし、やり手です。
3位以下、日本でも名前の知れた俳優の名前が並びます。
3位:ダニエル・オートゥイユ(エマニュエル・ベアールの元旦那で、前年の第一位でした)
4位:ヴァンサン・カッセル
5位:ジャン・レノ


そして女優部門、第一位は、Josiane Balasko(ジョジアーヌ・バラスコ)、日本ではほぼ無名ですが演技派の女優です。
続いてCatherine Frot (カトリーヌ・フロ、,カリン・ヴィアール、エマニュエルベアール、アニエス・ジャウウイ。
エマニュエルベアール以外、日本ではあまり知っている人はいないかもしれませんが、アニエス・ジャウィは、監督としても活躍していてフランスでは有名な人。
「アメリ」でおなじみのオードレイ・トトウや、オスカー女優となったマリオンコティヤールとか我は行っていないのは、2008年は該当するフランス映画がなかったからとのこと。

引用元yahoo france


Dany Boon est "l'acteur le mieux payé de l'histoire du cinéma européen" grâce au phénoménal succès de sa comédie "Bienvenue chez les Ch'tis" qui lui aurait rapporté 26 millions d'euros en 2008 affirme jeudi Le Figaro en publiant son palmarès annuel des salaires d'acteurs.

スポンサーサイト



21:32  |  フランス映画  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.04 (Sun)

イザベル・ユペール率いるカンヌ映画祭09

毎年5月に開催される世界で最も有名な映画の祭典、カンヌ国際映画祭。
今年はフランスの演技派女優イザベルユペールが審査委員長を務めるそう(ちなみに昨年はアメリカ俳優ショーンペン)。
この大役に女性が抜擢されるのは、とても珍しく、女性審査委員長にはフランソワーズ・サガンやジャンヌ・モローなどにつづく快挙!
イザベル・ユペールというと、日本ではブノワ・マジメルと共演していた「ピアニスト」のイメージが強いのでは!?

現在55歳のユペール。
マルグリットデュラス原作の最新出演作「un Barrage contre le Pacifique(直訳:大西洋の堰)」が来週からフランスで公開されるそうですよ。
ちなみに今年のカンヌ映画祭は5/13-24です。

引用 Cinema France

Très active au cinéma, Isabelle Huppert enchaîne les rôles. La semaine prochaine, elle sera à l'affiche d'Un Barrage contre le Pacifique, une adaptation de Marguerite Duras dirigée par Rithy Panh. En mars, on la retrouvera également dans Villa Amalia. Et enfin, nous la verrons dans White Material (pas de date de sortie prévue pour le moment), un film tourné au Cameroun sous la direction de Claire Denis.

カンヌ映画祭
20:44  |  フランス映画  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |